ご相談フォームサイトマップ | 文字サイズ
トップページ > その他のサポート > 香典返しのご準備

香典返しのご準備

その他のサポート 一覧へ

香典返しはいつすれば良いか?

本来、香典返しは直後お礼の挨拶に伺うのが良いのですが、現在では交際範囲の広がりや時間的な制約もあって、品物に忌明けの挨拶状を添えて送る事で感謝の気持ちを表すことが定着しています。

仏式では四十九日(宗派によっては三十五日)を忌明けとしています。忌明けまでには納骨を済ませ、忌明けのあいさつとともに香典返しすることが多いようです。 神式では三十日祭または五十日祭を忌明けとし、挨拶状とともに香典返しをすることになります。

キリスト教の場合は特に決まりはありませんが、一ヶ月後の召天記念日に納骨をすませ、その旨の挨拶状を添えて、故人を記念する品を贈ることが多いようです。 無宗教では基本的に仏式と同じとなります。お葬式後、約7週間目に忌明けのあいさつとともに香典返しすることが多いようです。

▲ページ上へ

御香典帳・名簿の整理は?

お葬式が終わってから、まずやることが御香典帳の整理です。

  • 「お手持ちの御香典帳は手書きで受付順に記載されていませんか?」
  • 「何冊にも分かれていませんか?」

ご弔問者のお名前、ご住所、ご香典の額を確認しご親戚、ご近所の方、会社関係あるいは、ご香典額別に、まとめて名簿を整理されると後々便利だと思います。また他にもやるべき事がたくさんあり、膨大な手間と時間がかかりますので当センターでは経験豊富なスタッフがお客様のご不自由にならないようにわかりやすく金額別に整理し、永久保存できるように名簿を無料で作成させていただいております。

▲ページ上へ

香典返しはどれ位すれば?

香典返し(葬儀・法要)は「半返し」と言われ、いただいた香典の半額程度の品を返すものとされてきました。また、香典には不時の出費の相互扶助の意味もあり、亡くなられた方の立場や関係によって判断されます。一家のご主人を亡くされたような場合は、半返しにこだわる必要はありません。又、特に高額のご香典を頂いた場合も同じです。最近では4割返しや3分の1返し、半返しでもいいとも言われています。地域によっては「全返し」というところもある様です。

▲ページ上へ

香典返し、商品の選び方は?

通常は、昔から一般的に消耗品が多く使われていますが特に高額のお返しには実用品も広く使われております。 代表的なのは、タオル、肌布団、シーツ、毛布、タオルケット及び石鹸、洗剤、陶器類などです。 食品では、お茶、コーヒー、紅茶、お砂糖、お菓子、海苔・お茶漬、椎茸などです。 最近では生活意識が変化してきておりますのでお客様の思いのこもるお品物がよろしいでしょう。先方様がカタログからお好みの品をお選びになる「カタログギフト」をお使いになることも増えています 。

▲ページ上へ

お届け日は、いつが?

四十九日の忌明けを期にして、商品を発送するのが一般的です。 そのため、準備としては名簿の整理、商品選び、手配、挨拶状の決定及び印刷等、色々とありますので出来るだけ早めに済ませることが良いと思います。

少なくとも、一週間から十日位前には、すべて決め、余裕があると良いと思います。

▲ページ上へ

当センターでは経験豊富なスタッフが御香典帳の整理、香典返しお品選び等についてもサポートしております。お気軽にお問合せください。

▲ページ上へ

[お電話]お急ぎの場合のご連絡:フリーダイヤル 0120-0783-01

URLをケータイに送信
(http://sougi-no-soudan.com/mobile/)

@

個人情報に対する当センターの取り組み