ご相談フォームサイトマップ | 文字サイズ
トップページ > よくあるご質問 > グリーフ・ケアについて

グリーフ・ケアについて

よくあるご質問 一覧へ

愛する人を亡くすと大きな悲しみを感じ、様々な症状が表れます。それを癒すには努力と長い月日が必要です。

夫や妻、子供、親などの大切な人を亡くした時、人は深い悲しみ(悲嘆=グリーフ)を味わいます。悲しみには個人差がありますが、共通点も見られます。多くの人は先ずショックを受け、その時やその後に故人への強い思慕にかられ、気分の落ち込みと罪責感などを感じます。

体調もすぐれず、落ち着かず、必死に頑張ってもなかなか故人のいない環境になじめず、生活の充足感を味わえない状態が続きます。この状態から抜け出すためには、死別を十分に悲しんで受けとめる作業が必要です。

この作業のことを「悲嘆の作業」とか「喪の作業」(グリーフワーク)と呼びます。現在の日本の社会では、悲しみに悩む人々を手助けする(グリーフケア)習慣はほとんどありません。ですから、死別の悲嘆の症状やケアの仕方について、あまり知られておらず、誤解も多いようです。

そてに、悲しみを表現することに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。悲しみの中にいる人の多くは、周囲と自分の間に溝があるように感じ、疎外感を持ちます。

悲しみを表現したり、話を聞いてもらう必要があるにもかかわらず、そういった場のない人が多いのです。

境遇を同じくしている人々が助け合う集いのことを「自助グループ」と言います。死別悲嘆の状態にある人々の自助グループである「グリーフケアの会」が、全国にあります。

同じ悲しみを持ち寄り、悲しみを表現し、相談にのってもらい、さらには相手の苦しみを親身になって聞いたり。しっかりした目標と展望をもっている会ならば、悲しみの回復の手助けになります。

心を同じくする集団には不思議な力があって、一体感を感じさせてくれたり、信頼感を育ててくれたり、心を浄化するなどの働きをもっています。

当センター内にも、「グリーフケアの会」があります。私達がこれまで葬儀のサポートを行った方々の「癒しの相談室」になっています。ここでは、悲しみのケアの仕方、悩みの相談を受け付けてそれに答えています。心が整理され、悲しみを癒すことにつながっています。

「癒しの相談室」について詳しい資料をご希望の方は当センターの相談員までメールかお電話でお問い合わせください。

▲ページ上へ

[お電話]お急ぎの場合のご連絡:フリーダイヤル 0120-0783-01

URLをケータイに送信
(http://sougi-no-soudan.com/mobile/)

@

個人情報に対する当センターの取り組み